TOP

教育研究上の目的と3つのポリシー

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山學院大學院會計プロフェッション研究科會計プロフェッション専攻の教育研究上の目的と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

會計プロフェッション研究科では、キリスト教理念に基づく教育の実現を理念に掲げ、高度な職業倫理性と専門的能力、國際人としての資質を充分に備えた會計プロフェッションを養成する。

會計監査プログラム 3つのポリシー

  • ディプロマポリシー(修了認定?學位授與の方針)

    ■知識?技能
    ?財務會計、管理會計、監査及び企業法に関する専門基礎理論を修得している。
    ?國際的な會計や監査といった、會計プロフェッションの実務に係わる國際的なルールや考え方に対する一定の理解力をもっている。

    ■思考力?判斷力?表現力
    ?會計監査の実務に必要な専門領域について論理的な思考力が備わっている。
    ?監査の理論的考え方と実務的な狀況に対応して一定の判斷ができる。

    ■意欲?関心?態度
    ?會計プロフェッションとしての職業倫理と會計マインドが身に付いている。

  • カリキュラムポリシー(教育課程編成?実施の方針)

    ○全プログラム共通

    本研究科では、「倫理教育の徹底」と「國際人の養成」を2本の柱とした「健全な會計マインドを備えたプロフェッション」の育成を目的として、下記に示す教育課程を編成する
    ?國際會計士連盟(IFAC)の職業會計士國際基準に合致するとともに、公認會計士試験制度(短答式一部免除)に合致した教育課程
    ?高度な職業倫理観の涵養を目的とした、職業倫理、企業倫理及びコーポレートガバナンスに関する教育
    ?國際的感覚を備えた専門職業人の育成を目的とした、國際會計基準及び英語に関する教育
    ?會計プロフェッションとして求められる思考力?判斷力?表現力の涵養を目的とした、少人數制の演習、論文作成指導及びディベートを重視した教育
    ?健全かつ実踐的な會計マインドの涵養を目的とした、実務家教員による教育と、監査法人、公認會計士事務所及び稅理士事務所でのエクスターンシップによる教育

    ○會計監査プログラム固有
    ?財務會計、管理會計及び監査論に関する専門知識を修得し、適用能力を高めるための教育課程
    ?実務における諸課題に対する問題発見力と解決力を高める、実踐的な事例研究(ケーススタディ)による教育

  • アドミッションポリシー(入學者受入れの方針)

    ■知識?技能
    ○全學生共通
    ?會計に関する基礎的素養(日本商工會議所簿記検定2級程度の學力)を有している。

    ○標準2年制
    ?大學卒業程度の簿記?會計に関する基礎的な勉學経験を有している

    ○標準2年制(外國人留學生)
    ?大學院での講義?演習の受講に支障のない日本語の能力を有している。

    ○1年制?1年半制
    ?大學?大學院での學習や実務経験を通じて、簿記?會計に関する基礎的な知識を有している。

    ■思考力?判斷力?表現力
    ○全學生共通
    ?経済?企業社會等の情勢を常に把握し、それに基づき経済活動や企業行動のあり方について思考している。

    ○標準2年制
    ?會計の理論のみでなく、実務についても関心をもっており、理論と実務の融合について思考している。

    ○1年制?1年半制
    ?會計の理論について強い関心をもっており、理論と実務の融合について思考している。

    ■意欲?関心?態度
    ○全學生共通
    ?會計プロフェッショナルの職業倫理や各種の會計マインドを真摯に學ぼうとする姿勢を有している。
    ?広い會計専門職領域から學ぼうとする特定の目標が明確である。

    ○標準2年制
    ?修了後の進路について、一定の具體的な方向性が明確である。

稅務マネジメントプログラム 3つのポリシー

  • ディプロマポリシー(修了認定?學位授與の方針)

    ■知識?技能
    ?租稅法規、財務マネジメント及び企業法に関する専門基礎理論を修得している。
    ?國際的な會計や監査といった、會計プロフェッションの実務に係わる國際的なルールや考え方に対する一定の理解力をもっている。

    ■思考力?判斷力?表現力
    ?稅務マネジメントの実務に必要な専門領域について論理的な思考力が備わっている。
    ?監査の理論的考え方と実務的な狀況に対応して一定の判斷ができる。

    ■意欲?関心?態度
    ?會計プロフェッションとしての職業倫理と會計マインドが身に付いている。

  • カリキュラムポリシー(教育課程編成?実施の方針)

    ○全プログラム共通
    本研究科では、「倫理教育の徹底」と「國際人の養成」を2本の柱とした「健全な會計マインドを備えたプロフェッション」の育成を目的として、下記に示す教育課程を編成する
    ?國際會計士連盟(IFAC)の職業會計士國際基準に合致するとともに、公認會計士試験制度(短答式一部免除)に合致した教育課程
    ?高度な職業倫理観の涵養を目的とした、職業倫理、企業倫理及びコーポレートガバナンスに関する教育
    ?國際的感覚を備えた専門職業人の育成を目的とした、國際會計基準及び英語に関する教育
    ?會計プロフェッションとして求められる思考力?判斷力?表現力の涵養を目的とした、少人數制の演習、論文作成指導及びディベートを重視した教育
    ?健全かつ実踐的な會計マインドの涵養を目的とした、実務家教員による教育と、監査法人、公認會計士事務所及び稅理士事務所でのエクスターンシップによる教育

    ○稅務マネジメントプログラム固有
    ?稅務専門家に必要な租稅法規に関する専門的知識を修得し、適用能力を高めるための、各稅目ごとの教育課程
    ?稅務専門家に必要な財務マネジメントに関する専門知識を修得し、適用能力を高めるための教育課程
    ?稅務専門家としての土臺を形成するための、租稅法規の基礎概念や申告?納稅等に関する手続実務に関する基礎的な教育

  • アドミッションポリシー(入學者受入れの方針)

    ■知識?技能
    ○全學生共通
    ?會計に関する基礎的素養(日本商工會議所簿記検定2級程度の學力)を有している。

    ○標準2年制
    ?大學卒業程度の簿記?會計に関する基礎的な勉學経験を有している

    ○標準2年制(外國人留學生)
    ?大學院での講義?演習の受講に支障のない日本語の能力を有している。

    ○1年制?1年半制
    ?大學?大學院での學習や実務経験を通じて、簿記?會計に関する基礎的な知識を有している。

    ■思考力?判斷力?表現力
    ○全學生共通
    ?経済?企業社會等の情勢を常に把握し、それに基づき経済活動や企業行動のあり方について思考している。

    ○標準2年制
    ?會計の理論のみでなく、実務についても関心をもっており、理論と実務の融合について思考している。

    ○1年制?1年半制
    ?會計の理論について強い関心をもっており、理論と実務の融合について思考している。

    ■意欲?関心?態度
    ○全學生共通
    ?會計プロフェッショナルの職業倫理や各種の會計マインドを真摯に學ぼうとする姿勢を有している。
    ?広い會計専門職領域から學ぼうとする特定の目標が明確である。

    ○標準2年制
    ?修了後の進路について、一定の具體的な方向性が明確である。

制服丝袜,丝袜美腿,丝袜影院