TOP

教育研究上の目的と3つのポリシー

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山學院大學大學院文學研究科史學専攻の教育研究上の目的と教育方針と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

史學専攻では、歴史研究を通して自己を確立し、複雑な現在の世界情勢を客観的に分析する力を培うことで、研究職や教育職等、社會に貢獻できる高度専門職の人材を養成することを目的とする。博士前期課程では、専門分野について深く広い學識を修得し高度の研究能力を養い、博士後期課程では、専門領域における獨創的研究によって従來の學術水準に新しい知見を加え、文化の進展に寄與するとともに、専門分野に関する研究指導の能力を養成することを主要目的とする。

博士前期課程 3つのポリシー

  • ディプロマポリシー(修了認定?學位授與の方針)

    ■知識?技能
    歴史學や考古學を研究する學問的な手続きを理解し、自ら課題を発見し、その解決のための専門的な方法を習得している。

    ■思考力?判斷力?表現力
    精密な史資料の分析やフィールドワークなどの能力を獲得し、歴史的思考力を身につけ、修士論文などにおいてその內容を論理的に表現することができる。

    ■意欲?関心?態度
    史料批判の方法や學問的手続きの習得を通じて、技能や表現力をみがき、歴史的な思考に基づき現代社會を理解する意欲を有している。

  • カリキュラムポリシー(教育課程編成?実施の方針)

    ■知識?技能
    専攻分野を中心に、日本史、東洋史、西洋史や考古學などの関連領域の內容を幅広く學び、専門的な知識と學際的國際的視野を養う。

    ■思考力?判斷力?表現力
    史料批判や國內外のフィールドワークなどの方法を習得し、研究発表やディスカッションによってその能力を高め、研究論文として広く公表する能力を養う。

    ■意欲?関心?態度
    自ら課題を発見し、考え、その解決をめざす能力を獲得し、現代社會のなりたちを歴史的に明らかにする學問的な貢獻を通じて社會に還元できる。

  • アドミッションポリシー(入學者受入れの方針)

    ■知識?技能
    大學卒業相當の歴史學や考古學の知識を有し、専攻分野で必要とされる言語や古文書などの読解や分析の能力を有している。

    ■思考力?判斷力?表現力
    研究論文(卒業論文など)において、歴史學や考古學についての知見や関心を論理的に表現することができる。

    ■意欲?関心?態度
    歴史學や考古學への関心をもとに、変化する世界の情勢や文化、人間と社會についての歴史的な理解を深めようとし、専攻分野について研究意欲を有している。

博士後期課程 3つのポリシー

  • ディプロマポリシー(修了認定?學位授與の方針)

    ■知識?技能
    歴史學や考古學研究のための高度な知識を有し、自ら課題を発見し、その解決をはかる高度に専門的方法を習得している。

    ■思考力?判斷力?表現力
    研究狀況を深く理解し、精密な史資料の分析のもとに、歴史的思考力を身につけ、獨創的な研究成果を博士學位論文として、公表することができる。

    ■意欲?関心?態度
    國際的學際的な視野に立って學問的な貢獻を試み、新たな知見をそれぞれの學問領域に提起する意欲を有している。

  • カリキュラムポリシー(教育課程編成?実施の方針)

    ■知識?技能
    史資料の分析や歴史的位置づけを明らかにする方法を段階的に學びつつ、専攻分野を中心に、日本史、東洋史、西洋史や考古學などの関連領域の內容を學び、高度に専門的な知識と學際的國際的視野を養う。

    ■思考力?判斷力?表現力
    史料批判をもとに、國內外のフィールドワークなどの方法を習得し、その研究成果を博士學位論文として公表する能力を養う。

    ■意欲?関心?態度
    獨自の研究課題について、研究論文を公表し、高度に歴史的な思考を現代社會の理解に役立てると同時に、研究方法を広く伝えることができる。

  • アドミッションポリシー(入學者受入れの方針)

    ■知識?技能
    博士前期課程修了相當の歴史學や考古學の深い知識を有し、専攻分野で必要とされる言語や古文書などの読解や分析の能力を有している。

    ■思考力?判斷力?表現力
    研究論文(修士論文など)において、歴史學や考古學についての専門的な知見や関心を論理的に表現することができる。

    ■意欲?関心?態度
    歴史學や考古學への関心を通じて、変化する世界の情勢や文化、人間と社會についての歴史的な理解を深めようとし、専攻分野の研究を進める意欲を有している。

制服丝袜,丝袜美腿,丝袜影院