TOP

法學科

法學科

4コース制の導入について
-知識、法的思考、コミュニケーションに優れた「専門的職業人」養成の強化へ-

大學の學士課程で修得する能力を明確なものとし、卒業後の進路が4年間の學生生活を通じて自然に描けるようになることは、これから大學で學ぼうと考えている皆さんだけでなく、AOYAMA LAWの一員として學生生活を送っている皆さんにも非常に重要なことです。法學部は従來、學生が卒業後の進路について目標を設定し、その目標に対応した教育研究活動に取り組めるよう、「総合法律」「企業法務」「公共政策」「法曹」「隣接法曹」「國際渉外法」という6つのコースを設置し、一人ひとりの関心?興味に応じた授業を効率的に選択して重點的に學ぶことができる體制をとってきました。また、これまでの教育活動の成果と課題を常に點検し、授業評価や日頃のコミュニケーションを通じた學生の聲を反映することによって、より効率的かつ効果的な教育研究活動の展開を模索してきました。

そして、2013年4月の就學キャンパスの統合にあわせて、法學部は2013年度入學生から、「ビジネス法」「公共政策」「司法」「ヒューマン?ライツ」の4コース制に再編し、新たなカリキュラムを導入しました。コース制の再編と新カリキュラムの導入にあたっては、學生がリーガルマインドと実踐的な知識を有する「専門的職業人」となるよう、「現実の可視化」を重視した教育研究活動を通じて「法を學ぶ」意義をより具體的に理解できるものとしたほか、演習科目の制度を改革することによって法學基礎教育を強固なものとし、大學院修士課程などのより高度な教育研究活動と円滑に接続するようにしました。

また、コース制の再編に伴って、法學部は2013年度入學生からセメスター制を導入しました。それぞれのコースに導入科目(1年次。第1?第2セメスター)を設置し、4つのコースの特徴を十分に理解してから、それぞれのコースの特色を反映した専門教育科目(2年次以降)へ進んでいけるように設計しています。また、第3?第4セメスター(2年次)に少人數制の「入門演習」を設置し、3年次以降の學びに必要な基礎能力を養成するとともに、討論?議論という能動的學習を通じて、各コースの専門教育科目を自ら學んでいくことのできる知的基盤を構築していきます。

制服丝袜,丝袜美腿,丝袜影院