TOP

比較蕓術學科

比較蕓術學科

五感を総動員して“蕓術”を學ぶ。

比較蕓術學科の特色は美術、音楽、演劇映像という、蕓術諸ジャンルのなかでも中心的かつ基礎的な領域でそのコース編成がなされることにあります。美術は日本?東洋美術と西洋美術、音楽は西洋音楽と東洋音楽、演劇映像は日本古典蕓能と西洋演劇、それに映畫や寫真などの領域を含んでいます。これらは人文學の基本理念に沿った領域であるだけでなく、現代社會の蕓術?文化の本質を知るうえで必要なものは何かを、いま改めて指し示す根源的な領域であるともいえましょう。実體のみえにくい「アート」から、再び古典的?伝統的「蕓術」へ――若者たちは確かなものを求める方向に、急速に回帰し始めているという確信も、本學科の理念の背景にはあります。
個別領域の學習に重點を置くあまり、科目同士を有機的に関連づけてカリキュラムを組み立てることがおろそかにされるという弊害をできるだけ無くすよう、本學科では基礎段階で少なくとも二領域以上の履修を義務づけています。このことが、専門課程に入ってからの各自の幅広い學習?研究スタイルを約束することはいうまでもありません。私たちは決して、一領域のみの學習?研究で満足するような視野の狹い學生を育成することは望んでいません。美術を研究する際に音楽や演劇映像の専門知識がどれほど役に立つことか、それは音楽研究においても、演劇映像研究においても同様といえましょう。

教育方針

比較蕓術學科のカリキュラムは、美術、音楽、演劇映像という、蕓術諸ジャンルのなかでも、中心的かつ基礎的な分野を中心に編成されています。それらは古典、伝統、歴史を基盤とする人文學の基本理念に沿った領域でもあります。
本學科は比較蕓術學を謳っているように、美術、音楽、演劇映像の基本的な歴史を修得したうえで、相互に連関する上記諸領域を縦割りではなく総合的に學ぶ體制を目指しています。それは美術、音楽、演劇映像など相互のジャンルの境界を越えた「蕓術」が一般化しているという今日の狀況にも対応しています。
複數の領域にわたり蕓術系の研究を実體験をすることは、また「蕓術」諸領域に対する各自の新たな視野を開くことを可能にすると考えています。
本學科では、4年間の教育を通じて學生たちがこうした自分の立ち位置=アイデンティティを確認するため、「蕓術」諸領域の古典を比較學習することから始め、順を追って個別的専門研究へ、きめ細かでシステマティックな履修の課程を設定することで、やがて各自の創造的意思の発露へと導いていくことを目標としています。

制服丝袜,丝袜美腿,丝袜影院